ハワイアン・デトックス1Day ご感想を頂きました

      2019/02/03

昨日は、初めて「ハワイアンデトックス」を体験してきました。

(ハワイアンデトックスは日頃の胃腸の疲れを、柔らかく優しく綺麗にしていくものと解釈しております。)

それで、私ごとですが、この一年忙しくない日はなかった。

それで胃腸の調子は良くない日が多くて、口の中に入れると「これは今は欲しくない」って体がわかっている、コーヒー、油物、お菓子類を、
ムシャムシャ。
おまけに「お惣菜は買ってくればいいや!食べものの好き嫌いある家族と同じものしか作らん!」プンプン👾👿
(自分が好きだったものを作らなくなっていく流れ)
全部自分がやっていることなのに、いろんな思いを溜め込んでいきます。
その結果体重増加、胃腸の膨満感、膝の痛み等々、不調続き。

この生活やめたらいいのに。
どうしてそんなにやめられないのと自分に問うと、
「太っていていい。痩せたら綺麗って言われるのが嫌。。。苦笑」
「食べている時はいろんなこと忘れられるから。」
「喉を通る感覚が好きだから。」

と自分の中から答えが。

でもその次に、胃腸から、「私たちもう疲れているのよ😥
「休ませて欲しい」と言われます。
すると脳裏に、「病気になったらいいんじゃない?」「その方が、食事コントロールできるじゃないね。」という言葉が。。😰

恐ろしや、自分の中の会議現場😱

先日伺った、前世療法のセミナーでも、こんな話がありました。

「例えばダイエット。
健在意識では、痩せようって決意する、その方がいいに決まっている。
でも潜在意識では、今のままでいいんじゃない?って思っている。
そうするとダイエットは成功しずらいし、できてもまた戻る。」という現象を例にとってくださいました。
ダイエット成功と、それを継続できている方々、その意思の強さには敬服致します。

フラワーエッセンスでも、先生から、顕在意識と潜在意識が仲良くできると、
思ったように生きていかれるとお話を伺いました。

デトックスから話がそれましたが、
自分の中のいろんな意見を自分で統合していかないと、
目標決めてもなかなか思うような結果に繋がらないのだと痛感しております。
昨日のデトックス、かなり抵抗を感じました。
頑固な自分とうまく付き合っていきたいものです。

 

そして、第2段。
昨日の「ハワイアンデトックス」

あるお水を飲みながら、おトイレに行けるようにゆったりとした時間を過ごします。

間に、先生が作ってくださる、スープ(冬場は、体が冷えるからと温かいものに)、ジュースをいただきます。

それがメチャクチャ美味しい。口に含んでから体に沁みわたる感覚を感じます。

それから、台所で野菜を切ってくださるまな板と包丁の、「トントン」という音に、ワタシ。。。ビビビッって電気が走りました。

台所から聴こえてくるあの音は、昔から、癒しのBGMだったんだなと感慨深いものがありました。

心があったまります。

母ちゃんの作る味噌汁。
どんな料理が出てくるんだろうと待ち焦がれる家族。
な〜んて家族に思いを馳せます。
景色、音、お話し、自分の心との会話。良き一日でした。

帰りは、先生に教えていただいた八百屋さんで買い物をして、帰ってから早速久しぶりのお味噌汁作りを。

風も強く寒い日には
やっぱり味噌汁はあったまります👪🍙🍲
ステキな一日をありがとうございました🌠🌅

 

 - お客様の体験談